太陽光発電について

最近、近所を歩いていると太陽光発電のパネルをつけている家を見かけることが多くなりました。太陽光パネルがついているのは、一軒家もあれば、アパートや老人ホームなどもあります。

太陽光発電については、前から気にはなっていたので、取り付けた方がいいのかもうちょっと先の方がいいのかどうなんだろうと思うところがあります。

電気代は安くなるのか、売電の制度はどうなったのか、季節によって発電の量はどうなのか等いろいろ疑問もあります。

それで、ネットを見ていましたら参考になるサイト<太陽光発電つけるべきか.com>がありました。

こちらのサイトを読むと電気代は安くなるようで、発電して余った電気は売ることができるということです。

ただ売電価格は年々下がってきていて、今後どうなるかは動向を見ていかないといけないという事でした。

太陽の光という自然の光を利用しているので、環境にはいいですが、発電量はどうしても日射量に左右されます。

これらの事から考えると売電のうまみは年々少なくなっているようですが、設置価格が下がるなど技術の革新も見られるようなので、そのあたりを見ていく必要があるのかなと思いました。

また、今後蓄電の技術も高まってくれば、発電量の不安定さもある程度解消され、効率の良い活用ができるのではないかと思います。

いずれにしても太陽光発電は、環境にいいものだと思うので、できるだけ取り付ける方向で今後の動向を見ながら考えていきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です